マガジンのカバー画像

インタビュー

17
さまざまなワークプレイスで新しい働き方に挑戦されている方や、専門家の声をお届けします。
運営しているクリエイター

#オフィス

多拠点だからこそ大切にしてきた、全社のつながり。「集まれない」というピンチの中で生まれたアイデアとは

全国に11箇所の拠点を持つ、株式会社スポーツフィールドさま。全社イベントがコロナですべて中止になってしまい、拠点間のコミュニケーションが無くなってしまうことに危機感を覚えたそうです。そこで、全拠点を巻き込んだ様々な施策が行われ、社内コミュニケーションの活性化が図られました。活性化企画の中心となった広報の河村さまにお話を伺いました。 コロナによって、全社が集まる機会がゼロにもともと社員同士の繋がりを非常に大切にされていたという同社。コロナ前に行っていたイベントや、コロナ後のコ

スキ
31

オフィスは「働く場所」以上に「集う場所。確認する場所」。随所に込めたメッセージとは

ストーリーが散りばめられた発信力のあるオフィスロゴや壁など、至るところにメッセージが隠されている同社のオフィス。まずはその一部をご紹介します。 多目的なエントランス エントランスの先には、開けた空間に多様なミーティングスペースやカウンターなどが配置されていました。社内外の打ち合わせのほか、最近は電話会議に利用されることも多いのだとか。アスリートに関連したサービスを展開しているということで、スポーツ関係者のメッセージ入りTシャツや、スポーツ用品なども飾られていました。 ま

スキ
27

成果を徹底的に社員へ還元できる会社でありたい。限りなく社員に寄り添って生まれたカルチャーとは

独自の就業規則やユニークな制度が魅力的な、Saze株式会社さま。 代表の伊藤さまにお話を伺いました。 出社頻度が低いからこそ、楽しい街にオフィスを構えたい Sazeさまのオフィスは、秋葉原駅が至近。最寄りの出口から徒歩1分の好立地です。 オフィスに出社するのが月に1~2回の社員もいらっしゃるそうで、「それならばついでに秋葉原で遊んでいってもらえたら」とお話しされていました。 そんな同社のオフィスを一部ご紹介します。 エントランスの扉を開けてまず目に飛び込んでくるのが、真っ

スキ
20

オフィスコンセプトは「実験場」。オフィス中にコミュニケーションのデザインを

社内で募った有志チームで、内装のコンセプトから考えたという株式会社アジケさま。 「実験場」というテーマのもと行った、オフィス内の様々な工夫や、リモートワーク下でのコミュニケーションなどについて、代表の梅本さまにお話を伺いました。 集まる人によって、さまざまなものが生まれるオフィス どこでも働ける時代だからこそ、人が集まることで自然となにかが生まれるように工夫されたという同社のオフィス。オフィスのコンセプトにした「実験場」には、人が集まり何かを試したり、失敗すること、間違える

スキ
38

新オフィスのテーマは「7352」(波起こす)。コミュニケーションが活発に起こる場を

証券番号の「7352」を「波起こす」と読み、内装にこだわってオフィスをつくられたという株式会社Branding Engineerさま。代表取締役COOの高原さまにお話を伺いました。 コミュニケーションスペースが広々ととられたオシャレなオフィス カジュアルな会議がたくさん起こるよう工夫されたという、Branding Engineerさまのオフィス。まずはその一部をご紹介します。 エントランス(映像と音で波を感じる) 波の映像と音が強いインパクトをあたえるエントランス。 映

スキ
27

仲間の顔を思い浮かべてつくったオフィス。随所に散りばめられた工夫とは?

ご実家が建設業をされていたという、ライトアーム株式会社の代表・妹尾さま。 新しいオフィスのデザインやレイアウトプランの作成も、ご自身で監修されたそうです。 紙の上での確認だけでなく現場での場当たりも入念に行い、何ヶ月もかけてプランを完成させたオフィスには、従業員を大切に想う気持ちが随所に表れていました。 「ここで働きたい」を追求した新オフィス 93坪に対して34席というゆとりのある設計、かつ天井も抜かれていて開放感のあるライトアームさまのオフィス。 まずはその全貌をご紹介し

スキ
27

報連相は「ざっそう」へ?働き方の専門家に聞く、企業がイノベーションを起こすために欠かせないもの

テレワークの導入によって、私たちのワークスタイルは大きく変わりました。 オフィスは “当たり前のように行く場所” ではなくなり、その役割も見直されつつあります。 「新たなイノベーションを起こそうとするなら、やっぱり会って仕事をしないと無理だと思うんです」 そう語るのは、オフィス環境や働き方について長く研究してきた、株式会社オカムラ ワークデザイン研究所の池田 晃一さん。 テレワークがもたらすコミュニケーションの課題や、未来のオフィスのあり方について、一緒に考えてみましょ

スキ
65

本当に、オフィスがないと企業文化は壊れる?リモートワークって合理的?──固定観念に縛られない、ベイジのワークプレイス戦略

オフィスワークとリモートワーク。あなたはどちらの働き方を希望しますか?そして、双方のメリット・デメリットをどう捉えていますか? BtoBマーケティングとUX/UIデザインを強みとするWeb制作会社、株式会社ベイジは、コロナの流行を受けて2020年3月からフルリモートに移行。そして、9月からはオフィスワークとリモートワークを各自が選択できる混在型に切り替えました。 代表取締役の枌谷 力(そぎたに つとむ)さんは、「リモートワークは全員に向いている働き方ではないと確信した」と

スキ
72

世界中の絶景を、“窓”で旅する。「Atmoph Window」が彩る、ニューノーマルなワークプレイスとは

窓のない会議室で過ごす閉塞感。代わり映えのない景色で長時間働くストレス。それらは、認識すらしていない小さな問題かもしれません。でも、積み重なればいつかは、大きな負荷になってしまうでしょう。 こうした課題を「世界の絶景」で解決してくれるのが、窓型スマートディスプレイの「Atmoph Window(アトモフウィンドウ)」。映像と音で、ワークプレイスに開放感や彩りを与えてくれるプロダクトです。 今回は、開発元であるアトモフ株式会社の代表取締役、姜 京日(かん きょうひ)さんにイ

スキ
69