インタビュー

11
100点を目指さなくていい。オフィスのエコ化は、無理せず楽しみながら取り組むもの

100点を目指さなくていい。オフィスのエコ化は、無理せず楽しみながら取り組むもの

皆さんは、働きながら「エコ」を意識したことはありますか? 日常生活ではマイバッグや紙ストローを使う機会も増えてきましたが、仕事場(ワークプレイス)となると、あまりイメージが湧かない人も多いのではないでしょうか。 「まずは、オフィスでできるエコとは何か?を知ってもらいたい。そして、無理に100点を目指そうとはせず、楽しみながら取り組んでほしい。」 そう話すのは、一般社団法人Earth Companyの共同代表、濱川 知宏さん。同社はバリ島にオフィスを構え、エコシフトに取り組

38
渋谷から逗子へ移住。STUDIO CPO・甲斐さんが実践する、ワークとライフのあたらしいカタチ

渋谷から逗子へ移住。STUDIO CPO・甲斐さんが実践する、ワークとライフのあたらしいカタチ

コロナ禍で、働き方の多様化が加速しています。この機会に、あらためて住む場所を見直そうとしている方、多いのではないでしょうか。 STUDIO株式会社のCPO、甲斐 啓真(かい けいま)さんも、そのひとり。リモートワーク導入をきっかけに、渋谷のマンションから神奈川県・逗子の新築物件に引っ越しました。 今回は、そんな甲斐さんの素敵なご自宅にお邪魔して、移住を決めた経緯や、生活の変化、そしてこれからの働き方について思うことを伺いました。 リモートワークをはじめて気付いた、住環境

56
本当に、オフィスがないと企業文化は壊れる?リモートワークって合理的?──固定観念に縛られない、ベイジのワークプレイス戦略

本当に、オフィスがないと企業文化は壊れる?リモートワークって合理的?──固定観念に縛られない、ベイジのワークプレイス戦略

オフィスワークとリモートワーク。あなたはどちらの働き方を希望しますか?そして、双方のメリット・デメリットをどう捉えていますか? BtoBマーケティングとUX/UIデザインを強みとするWeb制作会社、株式会社ベイジは、コロナの流行を受けて2020年3月からフルリモートに移行。そして、9月からはオフィスワークとリモートワークを各自が選択できる混在型に切り替えました。 代表取締役の枌谷 力(そぎたに つとむ)さんは、「リモートワークは全員に向いている働き方ではないと確信した」と

69
世界中の絶景を、“窓”で旅する。「Atmoph Window」が彩る、ニューノーマルなワークプレイスとは

世界中の絶景を、“窓”で旅する。「Atmoph Window」が彩る、ニューノーマルなワークプレイスとは

窓のない会議室で過ごす閉塞感。代わり映えのない景色で長時間働くストレス。それらは、認識すらしていない小さな問題かもしれません。でも、積み重なればいつかは、大きな負荷になってしまうでしょう。 こうした課題を「世界の絶景」で解決してくれるのが、窓型スマートディスプレイの「Atmoph Window(アトモフウィンドウ)」。映像と音で、ワークプレイスに開放感や彩りを与えてくれるプロダクトです。 今回は、開発元であるアトモフ株式会社の代表取締役、姜 京日(かん きょうひ)さんにイ

68
「働くこと=健康を害する活動、になってはいけない」産業医・岡部先生と考える、アフターコロナの働き方と健康経営

「働くこと=健康を害する活動、になってはいけない」産業医・岡部先生と考える、アフターコロナの働き方と健康経営

ここ数ヶ月で、自宅で働くというワークスタイルが一気に一般的なものになりました。「通勤がなくなってうれしい!」といったポジティブな声が聞こえる一方で、身体の不調に悩まされている方も少なくないはず。 そこで今回お話を伺ったのは、産業医として企業の健康経営をサポートしつつ、インソールを使った予防医療に取り組む株式会社ジャパンヘルスケアの代表をつとめる、岡部 大地(おかべ だいち)先生。 在宅勤務が普及するこれからの時代の健康維持法と、望ましいワークプレイスのあり方について教え

20
全国どこでも、好きなところで勤務OK。フルリモートで「働く」と「生きる」の選択肢を増やす、ヌーラボのワークプレイスとは

全国どこでも、好きなところで勤務OK。フルリモートで「働く」と「生きる」の選択肢を増やす、ヌーラボのワークプレイスとは

コロナの流行を受け、あらゆる企業が働き方の見直しを迫られている昨今。各社が試行錯誤を続ける中で、思い切った方針を打ち出す企業がありました。 福岡に本社を置き、チームの可能性を広げるコラボレーションツールの開発・運営を手掛けている、株式会社ヌーラボです。 同社では現在、新型コロナウイルス対策のため、すべての従業員がフルリモート勤務を前提としたスタイルで働いています。さらに、コロナ後も出社を前提としないワークスタイルを採用すると発表。国内外にある6拠点のうち、2020年内には

14
オン・オフの境界線を曖昧にする働き方とは?「星のや東京」が提案する、日本旅館ならではのワーケーション

オン・オフの境界線を曖昧にする働き方とは?「星のや東京」が提案する、日本旅館ならではのワーケーション

コロナの影響で、新しい働き方が急激に浸透しつつある日本社会。最近では、「ワーケーション」(ワーク+バケーション)という言葉が注目を集めるようになりました。そんな中、ホテル業界で新たな価値提供に挑戦しようとしているのが、星のや東京です。 星のや東京は、星野リゾートが手掛ける宿泊施設で、2016年に大手町で開業しました。コンセプトは「塔の日本旅館」で、リゾートホテルが多い星のやとしては珍しい造り。地下2階~地上17階の縦の空間に、日本旅館の要素が存分に散りばめられています。

19