編集部コラム

8
Appleは対面重視、Twitterは永遠に在宅OK。アフターコロナを見据えた海外テック企業9社の働き方まとめ

Appleは対面重視、Twitterは永遠に在宅OK。アフターコロナを見据えた海外テック企業9社の働き方まとめ

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界中の企業がオフィスへの出社停止を余儀なくされ、在宅勤務やテレワークを導入しました。 いまだに終息の時期が見えない状況ではありますが、いずれ感染症流行が落ち着くであろうアフターコロナにおいて、企業はどのような働き方を選択していくのでしょうか。 今回は、海外テック企業が打ち出している今後の働き方についてまとめてみました。 ①Google(グーグル)|週3日以上をオフィス勤務へ 新型コロナウイルスの終息後にオフィス勤務を再開

スキ
63
コロナ禍でオフィスにこだわる企業15選。リアルの場でしか生み出せないものとは?

コロナ禍でオフィスにこだわる企業15選。リアルの場でしか生み出せないものとは?

新型コロナウイルスの影響で働き方が大きく変化している昨今ですが、そんななか、オフィスのあり方について再検討し、移転やリニューアル、新規設立を実施した企業が数多くあります。 リアルで会うことの価値を再認識させられている今、それぞれの企業がどんな背景で新しいオフィスをつくったのか、そしてオフィスに対してどのような意味を見出しているのか、まとめてみました。 ワークスアプリケーションズ テレワーク下においては、オンラインコミュニケーションが定着し、オフラインコミュニケーションの

スキ
56
コロナ禍のオフィス出社率、どう決めたらいい?大手企業の方針をまとめてみた

コロナ禍のオフィス出社率、どう決めたらいい?大手企業の方針をまとめてみた

新型コロナウイルス感染症の流行を受けて、多くの企業がオフィス内での三密を回避すべく、リモートワークの導入および出社率の引き下げに踏み切りました。 しかし、緊急事態宣言の解除後はオフィスへの出社がじわじわと増えつつあります。出社率をどのように設定すべきか悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。 そこで今回は、大手企業がどの程度の出社率にしているのかを調べ、パーセンテージごとにまとめてみました。 出社率25% 富士通 2020年5月25日の緊急事態宣言解除後も、在宅テ

スキ
15
ニセコに淡路島、熊本まで!話題の「地方移転」を実践した企業7選

ニセコに淡路島、熊本まで!話題の「地方移転」を実践した企業7選

東京一極集中の解消策として注目されている、企業の地方移転。 先日、人材派遣大手のパソナグループが淡路島へ本社移転すると発表し、話題となりましたね。 今回は、コロナをきっかけに東京から地方へと本社移転した企業を調べてみました。 ルピシア(北海道) 茶類販売大手のルピシアは、本社を東京都・代官山から北海道・後志管内ニセコ町に移転する。 ニセコにはもともと同社の食品工場があり、グループ会社2社も同時に移転。2020年冬までに、東京の社員ら20~30名をニセコに移す。 「企業と

スキ
29