編集部コラム

8
Appleは対面重視、Twitterは永遠に在宅OK。アフターコロナを見据えた海外テック企業9社の働き方まとめ

Appleは対面重視、Twitterは永遠に在宅OK。アフターコロナを見据えた海外テック企業9社の働き方まとめ

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界中の企業がオフィスへの出社停止を余儀なくされ、在宅勤務やテレワークを導入しました。 いまだに終息の時期が見えない状況ではありますが、いずれ感染症流行が落ち着くであろうアフターコロナにおいて、企業はどのような働き方を選択していくのでしょうか。 今回は、海外テック企業が打ち出している今後の働き方についてまとめてみました。 ①Google(グーグル)|週3日以上をオフィス勤務へ 新型コロナウイルスの終息後にオフィス勤務を再開

56
オフィス・自宅に続く、第三のワークプレイスを。WeWorkが目指す、多様で柔軟な働き方の実現とは

オフィス・自宅に続く、第三のワークプレイスを。WeWorkが目指す、多様で柔軟な働き方の実現とは

2020年、新型コロナウイルス感染症の流行によって、私たちの働き方は大きく変化しました。テレワークの導入を機に、オフィス一辺倒で働くことの意味を再考した人も多いのではないでしょうか。 そんななか、ワークプレイスの選択肢を増やしてワーカーの新しい働き方を実現すべく、サービス・空間を展開する企業があります。世界中でコミュニティ型ワークスペースを展開するWeWork(ウィーワーク)です。 WeWorkといえば、「内装がおしゃれ」「コーヒーやビールが飲み放題」というイメージが強い

64