編集部おすすめ

66
これからのオフィスの形を探る。 スペースマーケットは、シェアするオフィスを創りました!

これからのオフィスの形を探る。 スペースマーケットは、シェアするオフィスを創りました!

スペースマーケット、PX&Cultureの倉橋です。この度、スペースマーケットは神宮前メディアスクエアビルに移転いたしました!明治通り沿いのありがたいトラフィックの立地に、天高4mの開放感のあるオフィスです。 オープン後のバタバタも落ち着きましたので、新オフィスに込めた想いや、シェアするオフィスとは何なのかを改めてまとめます。気になるな、という方はぜひ一度、覗きにお越しくださいね。 うちの会社に必要なオフィスとは?スペースマーケットのビジョンは「チャレンジを生み出し、世の

スキ
60
【特別対談Vol.1】Calbee×ITOKI ~2人の社長に聞く「これからのオフィスのあり方」

【特別対談Vol.1】Calbee×ITOKI ~2人の社長に聞く「これからのオフィスのあり方」

オフィスで働く価値は、どこにあるのでしょうか-。多くの人がコロナ禍でモバイルワークのメリットを感じた今、オフィスの意義が問われています。とはいえ、モバイルワークをする中で「リアルの良さ」を再認識した人も多いはず。その良さを定義するなら、一体どんな表現になるのでしょう。 そんなテーマで対談したのは、株式会社イトーキの平井嘉朗社長と、カルビーで社長を務める伊藤秀二。イトーキ様はオフィス関連事業を手掛ける企業で、7月から着工するカルビーの新オフィスに携わっていただいています。

スキ
188
賛否あるワーケーションのとらえ方。日常から離れた環境で仕事をするメリットとは?
+1

賛否あるワーケーションのとらえ方。日常から離れた環境で仕事をするメリットとは?

コロナ禍で「ワーケーション」という言葉が一気に浸透しましたが、皆さんは実際に体験したことありますか? ワーケーションについては世間でも賛否両論といった感じですが、僕は正直、ワーク(仕事)とバケーション(休暇)を両立するのは難しいタイプの人間です。ただ、日常から離れることの重要性については強く実感しているし、どこに行くかではなく何をするかが大事だと思っています。 まずはワーケーションを「日常から離れる」という行為に置き換えて、その目的を明確にすることから始めるのがおすすめで

スキ
41