編集部おすすめ

66
「会わないとマネジメントできない」のは、経営者の努力不足

「会わないとマネジメントできない」のは、経営者の努力不足

コロナ禍で働き方が多様化するなか、どのように部下をマネジメントするか。経営者やマネージャーにとって、大きな悩みの種になっていると思います。 ワクチン接種が進むと、おそらくリモートから出社に戻す企業が増えるでしょう。これは、多くの経営者やマネージャーが「対面の方がやりやすい」と考えているからです。 たしかに、会った方が色々とスムーズにいく場面も多いかもしれません。ただ、働き方もワークプレイスも多様化しているこの時代に、「会わないとマネジメントできない」ではダメだと僕は考えて

38
コロナ禍でも楽しく、自分たちらしく働くために、オフィスを解約しました。

コロナ禍でも楽しく、自分たちらしく働くために、オフィスを解約しました。

2021年が始まりました。 新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 昨年は、兎にも角にもコロナに振り回される一年でしたが、昨年末ついにワクチンの承認がされたようなので、一刻も早く収束し、制限のない暮らしができるようになることを、ただただ願うばかりです。 さて、申し遅れました。 SHIFTBRAIN(シフトブレイン)の代表をしている加藤と申します。 20年前に個人事業としてWebデザイナーを始めて、初めの10数年間は現場でモノづくり

280
新しい「働き方」はじめます!オフィスの利用価値を構造的に考えてみる

新しい「働き方」はじめます!オフィスの利用価値を構造的に考えてみる

noteがとっても久しぶりの小畑です。今日は本社移転の報告です!来月から大門に移転することになりました。 今回の本社移転にあたり、どのような考え方で「働き方」を決めて、次の「オフィス」を決めたのか。つまり、働き方の構造化にチャレンジしたので、noteを書き起こしてみました。 業務マネジメントに「オフィスの役割」を当てはめて、「業務目的×場の活用」を構造化した「働き方」をご紹介したいと思います! まず、「重要度と緊急度のマトリクス」をベースとしています。 コロナでオフィ

17