編集部おすすめ

66
「会わないとマネジメントできない」のは、経営者の努力不足
+1

「会わないとマネジメントできない」のは、経営者の努力不足

コロナ禍で働き方が多様化するなか、どのように部下をマネジメントするか。経営者やマネージャーにとって、大きな悩みの種になっていると思います。 ワクチン接種が進むと、おそらくリモートから出社に戻す企業が増えるでしょう。これは、多くの経営者やマネージャーが「対面の方がやりやすい」と考えているからです。 たしかに、会った方が色々とスムーズにいく場面も多いかもしれません。ただ、働き方もワークプレイスも多様化しているこの時代に、「会わないとマネジメントできない」ではダメだと僕は考えて

スキ
60
大きい会社ほど社長はオフィスにいない【日経COMEMOテーマ企画_遅刻組】

大きい会社ほど社長はオフィスにいない【日経COMEMOテーマ企画_遅刻組】

今月の日経COMEMOのテーマ企画として、「社長に出社して欲しいですか」というお題で投稿募集がなされていた。たしかに、テレワークの対象は従業員だけではなく、管理職や経営層にまで及ぶ。組織内の職位が上がるにつれて高齢であることが多いので、COVID-19に罹患したときのリスクが高まるので、役員こそテレワークが必要かもしれない。 しかし、このとき2つの疑問を頭がよぎった。第1に、このようなお題が出るということは、経営層がテレワークに適したコミュニケーションやマネジメントができて

スキ
20