編集部おすすめ

60

リモートワーク最適化のためコミュニティマネジメントの会社が導入した取り組み10選

リモートワーク最適化の取り組みノウハウを公開します 株式会社NAVICUS 代表取締役 武内一矢です。コロナ禍以前からリモートワークを取り入れていた弊社ですが、2020年2月から本格的に全社リモート体制を導入し、まもなく1年を迎えます。 NAVICUSはコミュニティマネジメントやSNSファンマーケティン…

1日3,000円でワーケーションしてみたら最高だった。

マーケティング本部の岩本です。 政府がワーケションを推奨しているのもあり、前回旅行で行った福岡がとても居心地がよかったので、福岡で二週間ほどワーケーションしてきました。 期間:2週間 費用:1日約3,000円(航空券・宿代込み)、合計42,500円 目的:通常業務 & ワーケーションに対する4つの懸…

「リゾートでリモートワーク」だけが、ワーケーションではない、と気づいた話

こんにちは。昨夏、萩市で子連れワーケーションをして以来、すっかりハマっている編集部のコダマです。 いやはや、世の中予測不能とは言われますが、想定外だったのは、ここ最近のワーケーションの過熱ぶり。 それまで、「フリーランスだからワーケーション行けるんでしょ」と若干冷ややかな目を背中…

withコロナ時代のオフィスの在り方 -リモートワーク編-

4月の緊急事態宣言から早8か月。宣言解除後もリモートワークとオフィス勤務を併用することになった、LIFULLの働き方についてお伝えします。 LIFULLでは、原則週2日在宅勤務、上司の許可があれば週1日~週4日の在宅勤務も認めています。また、業務やプライベートの事情により、週5日オフィス勤務、また…

私は「マレビト」〜利賀村で体験したワーケーションと人類の定住からの解放〜

ワーケーションはインバウンドに頼らない国内旅行の切り札になるか コロナ禍、国内観光のスタイルも少しづつ変えている。 観光は、もともと英語でもSightseeing。 日常を離れ、何か素晴らしいスポットを巡ることだった。 「観光」の語源は古代中国『易経』にある「観国之光,利用賓于王(国の光を…

「#ワーケーション」はいったい、なぜ?

「ワーケーション・リーダーズ・サミット」が閉幕しました。現地参加50人枠に枠を超える参加者が集まり(満枠につき、現地参加お断りをした皆さん、申し訳ありません汗)、オンライン配信には常に100人弱の視聴があった主催側も思わぬ熱を感じた今回のサミット。合計200名以上の視聴者に参加いただき…