マガジンのカバー画像

編集部おすすめ

65
働き方や働く場所をテーマに、noteクリエイターさんが書いた素敵な記事をまとめています。
運営しているクリエイター

#リモートワーク

「会わないとマネジメントできない」のは、経営者の努力不足

コロナ禍で働き方が多様化するなか、どのように部下をマネジメントするか。経営者やマネージャーにとって、大きな悩みの種になっていると思います。 ワクチン接種が進むと、おそらくリモートから出社に戻す企業が増えるでしょう。これは、多くの経営者やマネージャーが「対面の方がやりやすい」と考えているからです。 たしかに、会った方が色々とスムーズにいく場面も多いかもしれません。ただ、働き方もワークプレイスも多様化しているこの時代に、「会わないとマネジメントできない」ではダメだと僕は考えて

スキ
76

【特別対談Vol.1】Calbee×ITOKI 2人の社長に聞く「これからのオフィスのあり方」

オフィスで働く価値は、どこにあるのでしょうか-。多くの人がコロナ禍でモバイルワークのメリットを感じた今、オフィスの意義が問われています。とはいえ、モバイルワークをする中で「リアルの良さ」を再認識した人も多いはず。その良さを定義するなら、一体どんな表現になるのでしょう。 そんなテーマで対談したのは、株式会社イトーキの平井嘉朗社長と、カルビーで社長を務める伊藤秀二。イトーキ様はオフィス関連事業を手掛ける企業で、7月から着工するカルビーの新オフィスに携わっていただいています。

スキ
208

新しい働き方に合わせた柔軟なオフィスづくりに必要なことは? ヤフーの「実験オフィス」

新型コロナウイルス大感染症対策として、2020年から急激に浸透したリモートワークなど、私たちの働き方が大きく変化したことに伴い、働く場である「オフィス」も変化しています。 リモートワークは1人で集中して行う業務に適している一方で、リアルなコミュニケーションも大事だと改めて感じた方も多いのではないでしょうか? アイデア出しやブレーンストーミングなどは、対面でのコミュニケーションの方がスムーズな場合もあります。また、社内外の人との「ちょっとした会話」が、業務によい効果をもたらすこ

スキ
8

週1出社も週5出社も。ご機嫌にいいものづくりができるオフィスを考える。

こんにちは。エバーセンスでコーポレートを担当している真辺です。 この1年でリモートワークが当たり前になり、オフィスのあり方も多様化してきているなぁと感じます。 エバーセンスは、というと、今のオフィスが来年の4月で契約終了。そのために、いろんな選択肢を考えていたのですが、つい先日良い移転先が見つかり、今年の夏に移転することが決定しました! 私たちにとって大切なのは、いいものづくりができること。 そして、私たち自身が幸せな働き方ができること。 そんな私たちがどんなことを考えて

スキ
38

人事必見!とある地方企業が、地元「小田原」を推して、採用の強みに変えた話

「地方企業の採用」と聞いて、どんなイメージを受けますか? 一般的に、”都内企業に比べて地方採用は難しい”といわれています。 就職・転職を考えている方のうち、都内在住 or 都内希望!という方が圧倒的に多いためです。 (リモートワークが常態化している今も、まだこの傾向は強いそうです) 私たちHameeも、「地方」が採用の課題になっている時期が長らくありました。(駅伝で有名な箱根のお隣「神奈川県小田原市」に本社があります♨) 今回は、そんなHameeが「地方」を弱みから強みへ

スキ
175

「どこでも働ける」は幸せを産んだのか

こんにちは!「Teracy(テラシー)」という、リモートワーク向けの音声コラボレーションツール(SaaSプロダクト)を開発している森井駿介です。 前に「どこでも働ける」ということ というnoteを書いてから、ちょうど1年が経過しました。(書こう書こう、と思いながら気づいたら1年が経ってしまいました.... w  1年ってあっという間ですね。) 今日は、以前書いた「どこでも働ける」ということから、「どこでも働けるようになったけど、それって幸せを産んだの?」という話と、「僕た

スキ
11

コロナの状況に合わせて、常に“最適”を追求してきたワンプラの取り組み

前回のnoteでは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けてワンプラで行っている、「新しい働き方」についてお話しさせていただきました。 今回のnoteでは、前回お伝えしきれなかった具体的な取り組み内容についてご紹介します。コロナウイルス感染拡大の状況や、その時にワンプラがどのような課題を抱えていたのかも振り返りながらお伝えしていくので、少しでもご参考になる部分があれば嬉しいです。 まずはリモートワーク環境の整備から2020年4月、新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣

スキ
35

理想のワークスペースを全力で追求してみた

こんにちは、池澤です。 昨年から今年にかけて、多くの企業で在宅勤務やテレワークが推奨されるようになり、「自宅どこで働く問題」が持ち上がるようになりましたね。 そもそも、在宅勤務ができるようなスペースが家になくて、急遽デスクや椅子を買い足したという方も多かったのではないでしょうか。 わたしの家でも、家はリラックスすることに特化して設えていたため、なんとなくダレてしまうことが多く……。 仕事のためのデスクは用意してあるものの、結局コタツの中で寝転びながら作業してしまったり

スキ
151

コロナ禍でも楽しく、自分たちらしく働くために、オフィスを解約しました。

2021年が始まりました。 新年明けましておめでとうございます。 本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。 昨年は、兎にも角にもコロナに振り回される一年でしたが、昨年末ついにワクチンの承認がされたようなので、一刻も早く収束し、制限のない暮らしができるようになることを、ただただ願うばかりです。 さて、申し遅れました。 SHIFTBRAIN(シフトブレイン)の代表をしている加藤(@addsugar_takuma)と申します。 20年前に個人事業としてWebデザイナーを始めて

スキ
300

リモートワークによるデスク環境の変遷

「今年、早かったな〜」としみじみデスクを眺めていたら、ふと書きたくなったので、2020年の自分のデスク環境をまとめてみます。 こういう環境作りには当然不具合も付き物で、写真の中でごまかすこともできるのですが、あまり上手くいってないリアルな部分などもお伝えできればと思います。 リモートワークで感じた環境の違い僕の会社は2月頃からリモートワークを開始して、現在も継続して家から仕事をしています。最初は「元々家でもPC作業はしていたし、特に問題はないだろう」と思っていたのですが、い

スキ
810

みんなでオフィス改革!2020年の取り組み総ざらい

デザインスタジオ・エル代表のハラヒロシです。事業承継して早7ヶ月。コロナが世界的に大きな変化をもたらした時期と重なり、目まぐるしい日々を過ごしました。 そんななか、私たちの使命を果たし、未来のありたい姿を思い描き、達成するためにどう行動するか。その下地は「共感」「成長」「安心」であり、できること・変えるべきことは実行しよう。代表初日の初心表明です。 以前からやってみたいことはいろいろありました。何もかも新しくするのではなく、44年も歴史を重ねてきた会社なので、いいところは

スキ
62

男女ともに「子どもの近くで働く」選択肢を。コロナ禍での働き方変容と子育て

コロナ禍で男女共に働き方が大きく変わった、2020年 こんにちは。マフィスを運営する、オクシイ株式会社代表を務める高田麻衣子です。 2020年12月、マフィスは6周年を迎えました。 馬事公苑に最初の施設をオープンして以来、横濱元町、北参道、名古屋へと施設数を増やしてきましたが、今年はコロナの影響を受け、大きく働き方が変わった年でもあり、マフィスのユーザ層にも変化が見え始めています。 以前は「ママのためのシェアオフィス」と銘打っていたこともあり、ユーザの大多数がフリーランス

スキ
25

地方で暮らしながら都内のスタートアップでのびのびと働くソフトウェアエンジニアの話

これは何Ubie Advent Calendar 2020 6日目の記事です。 Ubie(ユビー)の Advent Calendar では、エンジニア・医師・デザイナー・事業開発のメンバーが、技術・事業開発・医療・組織などのテーマで書いていきます。 最近、都内から地方に移住して、リモートワーカーとして都内の企業で働くことに興味をもつ人が増えていると聞きます。 ただ、興味はあっても、実際にうまくいくか不安に感じている方も多いんじゃないでしょうか。 私自身、7年前に都内か

スキ
45

【著者インタビュー】リモートワークで雑談が減った!社内コミュニケーションを円滑にするための『超雑談力』

コロナ禍で一気に進んだ「リモートワーク」。 今年から導入し、現状を踏まえてしばらく継続する企業も多いと思います。 しかし突然始まったリモートワークの影響で、こんなお悩みが聞こえてきます。 「ちょっとしたコミュニケーションが難しい……」 あるある、と頷いた方も多いのではないでしょうか。 今回はシリーズ累計80万部突破の『超雑談力』の内容をもとに、心理カウンセラー五百田達成さんに「リモートワークの雑談力」についてお話を伺ってきました! 全社員リモートワークを導入している弊社

スキ
16