【オフィス紹介】株式会社ディクスエンジニアリング(田町)
見出し画像

【オフィス紹介】株式会社ディクスエンジニアリング(田町)

WORKPLACE MAGAZINE

会社概要

社名:株式会社ディクスエンジニアリング
代表者:戸邊 光男
設立:2011年
事業内容:設備のリプレイスに係わる企画/設計/構築の受託、情報/通信システムの運用支援サービス、エンジニア派遣事業、等
https://dics-eng.co.jp/

オフィス概要

東京都港区芝5-33-1
森永プラザビル本館 11階 340坪

オフィス紹介

エントランスのラウンジスペース
6名用会議室
4名用会議室
9名用会議室
半分に区切って使えるフレキシブルな大会議室
執務スペース
社内会議用スクリーン
個室風シート
執務室内のラウンジスペース
ラウンジには様々なタイプの席を用意

インタビュー

オフィスのこだわりやワークプレイスの取り組みについて、株式会社ディクスエンジニアリングさんに伺いました。

── オフィスの決め手を教えてください!

タイミングが大きな決め手となりました。このビルは建て替えが決まっているそうなのですが、そのスケジュールが当社の移転プランとマッチしたので、契約を決めました。定期借家のオフィス契約は、多くの場合デメリットになると思うのですが、退去時の楽さもあり、当社にとってはまさに理想的でした。内装が居抜きだったことも大きかったです。おかげで、スムーズかつリーズナブルな移転が叶いました。建て替えの時期が来たら、その時のオフィス事情に合わせてまた次のステップを決めたいと思います。

── オフィスを使ってみての感想をお願いします!

オフィスは田町駅の真横なので、利便性がかなり向上しました。以前のオフィスは田町駅から徒歩10分ほどの場所だったため、アクセス性が大幅に改善して嬉しいです。

今回の移転の一番の目的は、関連会社を含めた計4社を同じオフィスに集約することでした。以前はフロアやビルが分かれており、行き来も頻繁で、不便に思っていました。同じオフィスに入ってからは、連携がぐっと取りやすくなりました。たとえば社内で担当者を見かけたら「あの件どう?」と会話ができたりなど、空間を共有するメリットは日々感じています。メンバー同士で声をかけあっているのを見ると嬉しいですね。

内装は、大半が前テナントの居抜きです。床や什器も概ねそのまま使用しています。かなり綺麗に残していただいたので、不便はほとんどありません。会議室の数やラウンジの仕様も、ちょうど良いです。特に、自席以外でもウェブミーティングをしやすくなったことは大きな利点です。

── ワークプレイスや働き方について、大切にされていることを教えてください!

コロナをきっかけに本格的にリモートワークを導入し、今ではすっかり社内で浸透しました。出社は各々の判断で行っており、部署によって出社率は様々です。運用自体はうまくいっている一方で、コミュニケーションの減少が課題になっています。特に新卒入社したメンバーは、研修からリモートが続いてしまい、対面で話す機会が少ないことが課題だと思っています。

そのため、今はコミュニケーションの促進に力を入れています。たとえば、オンラインでもチャットツールを使ったやりとりを頻繁にしたり、日々のレポートへのフィードバックなどをしっかり行っています。また、オフィスでは、気軽に会話できるコミュニケーションスペースを用意したり、フリーアドレス制を取り入れるなどしています。リモートと対面とでは、共有できるもの自体が違うと考えているので、どちらも引き続き大切に伸ばしていきたいです。

サービス紹介・PR等

当社は、働き方の変化に合わせ、クラウドを活用した設備提案を行っています。特に在宅勤務の増加によるコミニケーションの低下を情報共有ツールを用い、互いの意見が交わる空間づくりをお客様と一緒に考えます。

── 取材へのご協力ありがとうございました!

(執筆・写真:呂 翔華)


👇ワークプレイスに関するご相談は、こちらをクリック!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

WORKPLACE MAGAZINEは、47グループの提供でお送りしています📢

ありがとうございます!note・Twitterのフォローもぜひ😊
WORKPLACE MAGAZINE
働く場所や環境など“ワークプレイス”にフォーカスを当てたビジネスメディア。 多様化するワークプレイスにまつわるインタビューや、企業・団体の取り組み、最新トレンド情報などを幅広くお届けします。