【オフィス紹介】株式会社アンドストーリー(舞鶴)
見出し画像

【オフィス紹介】株式会社アンドストーリー(舞鶴)

WORKPLACE MAGAZINE

会社概要

社名:株式会社アンドストーリー
代表者:小路 康太
設立:2016年
事業内容:ブランドコミュニケーション事業、ブランドネットワーク事業
https://www.andstory.co.jp

オフィス概要

福岡県福岡市中央区舞鶴2-1-1
サン舞鶴ビル 6階 30坪

オフィス紹介

執務スペース
スケルトン仕様の天井
8名用会議室
特徴的な巨大パラソル

インタビュー

オフィスのこだわりやワークプレイスの取り組みについて、株式会社アンドストーリーさんに伺いました。

── オフィスの決め手を教えてください!

一番の決め手はフィーリングでした。オフィスに入った瞬間に「ここだ!」と思いました。立地や金額で候補を選び、約半年かけて20棟ほど物件を内見をしたのですが、「みんなが働いている様子」が想像できたのはこのオフィスだけでした。関連会社の株式会社スタジオ・ウーフーと当社のイメージカラーがそれぞれ白と黒なのですが、このサン舞鶴ビルも壁面がモノクロだったことも、申込みを後押ししました。天井がスケルトン調で高さがあり、窓も大きく開放感があって、当社のイメージにも合っていると思っています。

── 内装のポイントを教えてください!

インテリアは当社のブランドカラーである黒色を基調とし、シックな雰囲気にしました。一方で、デスクはウッド調のもので揃え、温かみも感じられる空間になっています。ライティングには間接照明を選びました。白い蛍光灯よりも当社の雰囲気にマッチしていると思いますし、落ち着いたムードで業務ができます。

特徴的なのは、会議室の巨大なパラソルです。当社にはキャンプ好きのメンバーが多いのですが、それを知った取引先の方が移転祝いにプレゼントしてくださいました。色もオレンジでインパクトがありますし、社内イベントでBBQをする際などに実際に使っており、重宝しています。

── オフィスを使ってみての感想をお願いします!

とても快適です。面積が5倍近くになり、スペースが広々したことが何よりも良かった点です。以前のオフィスでは来客用のスペースを確保できず、オフィスの外でお会いすることもあったのですが、それが解消されました。お手洗いの数も増え、ミニキッチンなどの設備も整い、とても働きやすくなったとメンバーからも好評です。今回の移転の重要なポイントが、まさに「働きやすい環境をつくること」だったので、嬉しいです。

── ワークプレイスや働き方の取り組みについて教えてください!

移転前からリモートワークを取り入れた働き方を推奨しています。リモートワーク自体はコロナをきっかけに始めたのですが、今では当社の文化として当たり前になったように感じます。メンバーからは「通勤時間を業務にあてられるのが大きな利点」だとよく聞きます。出社に関するルールは特になく、メンバーの自主性に任せています。執務室は一応固定席なのですが、こうした自由度の高いカルチャーも相まって、空いているところがあれば自席以外も使用OKとしています。

一方で、リモートワーク中のコミュニケーションには課題も感じています。顔を合わせている時とはどうしてもコミュニケーションの質が変わってしまうので、そのギャップを埋められるよう、今後も工夫を続けていきたいと思っています。

リモートワークを続ける中で、オフィスには「出社したらパキッとできる」雰囲気が必要だと感じています。せっかく働く環境に選択肢があるので、オフィスは「みんな集中して仕事に取り組めるような環境」にしたいです。これからも事業を成長させ、働きやすい環境づくりにチャレンジしていきたいと思います。

サービス紹介・PR等

福岡のブランディング会社「株式会社アンドストーリー 」。価値あるブランドの最適なコミュニケーションプランをご提案する「ブランドコミュニケーション事業」を展開しております。企業の事業課題に対してプランニングからクリエイティブ・プロモーションまでトータルプロデュースをし、事業成長をサポートさせていただきます。さらに、2022年に「andweb」「andTV」の新サービスをリリース予定です。

ブランドコミュニケーション事業
コンセプトワーク立案、CI・VI・BI設計、WEB制作、システム開発、グラフィック制作、ロゴ制作、写真・動画撮影、WEBコンサルティング、WEBマーケティング支援、コンテンツマーケティング支援、WEB・SNS広告、SNSマーケティング支援

andweb(アンドウェブ)
WEB制作費0円、月額9,800円〜のサブスクリプション型オウンドメディア支援サービスを2022年5月にリリース。中小企業・個人事業主様向けの月額制サービスです。

andTV(アンドティービー)
「つながるひと、つながるまち」をコンセプトにした地方動画メディアを2022年6月にリリース。第一弾として、九州・福岡の動画メディア「andTV FUKUOKA」をスタートし、地方のクリエイター(タレント・インフルエンサー、動画クリエイターなど)と制作中です。福岡の魅力をエンタメ動画コンテンツを通して配信します。

── 取材へのご協力ありがとうございました!

(執筆:呂 翔華/写真:アンドストーリーさまご提供)


👇ワークプレイスに関するご相談は、こちらをクリック!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

WORKPLACE MAGAZINEは、47グループの提供でお送りしています📢

ありがとうございます!note・Twitterのフォローもぜひ😊
WORKPLACE MAGAZINE
働く場所や環境など“ワークプレイス”にフォーカスを当てたビジネスメディア。 多様化するワークプレイスにまつわるインタビューや、企業・団体の取り組み、最新トレンド情報などを幅広くお届けします。