見出し画像

【オフィス紹介】株式会社ノットグローバルホールディングス(渋谷)

WORKPLACE MAGAZINE

会社概要

社名:株式会社ノットグローバルホールディングス
代表者:松澤 崇光
設立:2015年(創業:2007年)
事業内容:貨物利用運送業、海運仲立業、運送取次業、海運代理店業、情報処理サービス業
https://knotglobal-hd.com/

オフィス概要

東京都渋谷区円山町28-3
いちご渋谷道玄坂ビル 7階 61坪

オフィス紹介

画像1
入口の飾り
画像2
執務室
打ち合わせスペース
打ち合わせスペース
窓際シート
多目的カウンター

インタビュー

オフィスのこだわりやワークプレイスの取り組みについて、株式会社ノットグローバルホールディングスさんに伺いました。

── オフィスの感想を教えてください!

立地が何よりの決め手でした。以前はグループ会社と同じオフィスに入っていて、人員増によって自社オフィスを構えることになったのですが、グループ会社とのやりとりは引き続きあるので、徒歩で行き来できるエリアを希望していたんです。このオフィスは、グループ会社から徒歩15分くらいですし、渋谷駅と神泉駅が利用でき、自転車通勤をする上でも便利な立地なので、とても使い勝手がいいです。

渋谷の中でも落ち着いた雰囲気な一方、飲食店は豊富ですし、働く環境として申し分なく感じています。

── 内装のポイントを教えてください!

ソファや窓際のカウンターなど、気分転換できるエリアを複数用意しています。雑談やごはんを食べるスペースとして使われたり、社内外のミーティングが行われたりと、多目的に役立っています。ちなみに、オフィス内のデスクとカウンターは全て手作りで、社内の雰囲気と広さに合わせて作りました。

また、観葉植物を置いて、オフィスにグリーンを取り入れています。殺風景なオフィスにならないよう、緑を差し色にすることでリラックスした雰囲気づくりをしています。デスクにも小さな植木鉢がところどころ置かれているんですよ。木目調のカウンターやミーティングデスクとも調和して、オフィスにほっとする空気をもたらしてくれています。

── オフィスの感想を教えてください!

一人ひとりのスペースがゆったりしていて、働きやすいです。夕方はマジックアワーの首都高の眺めも楽しめるので、気に入っています。玉川通り沿いの高層階オフィスならではですね。

また、コロナでリモートワークの実施率が上がったこともあり、もともと100坪ほどで使っていたフロアを約60坪ほどに分割し縮小しました。他のビルに移転しようかとも思ったのですが、分割が可能と聞き、同ビルにとどまることにしました。収納スペースが減ってしまったことが悩みですが、コンパクトながら工夫して快適に使えています。

縮小してよかった点として、社内のコミュニケーションがとりやすくなりました。コンパクトになったことで、電話の声やメンバー同士の会話が聞こえてくるので、どこで何が起きているのか分かりやすくなったと感じます。一方で、オンライン会議やクローズドな会話がしづらいという問題点があるので、テレフォンブースなどの導入を検討しています。今後もそうやって改善していきながら、心地よいワークプレイスにしていきたいです。

── ワークプレイスについて、大切にされていることを教えてください!

快適にリモートワークができる体制を整えている途中です。例えば、全部署にリモートワークを促すため、全社員にノートPCを支給する計画を進めています。また、リモートワークの比率が多いメンバーには業務用の電話番号を利用できるアプリを導入しました。オフィスに出社せずとも電話対応が可能ですし、オフィスにかかってきた電話を在宅メンバーに取り次ぐ手間も無くなりましたね。

リモートワークができるようになってから、小さなお子さんがいらっしゃる方や、満員電車を避けたい方など、メンバーの様々なニーズに応えられるようになりました。出社のルールも現状とくに無く、一年以上オフラインで会っていないメンバーもいます。普段はチャットツールやオンラインミーティングでコミュニケーションを取っており、在宅メンバーとのやりとりに不便はありません。逆に、新卒メンバーは基本的に出社していますね。やはり何かを「学ぶ」段階の時は、オフラインの方が伝わるものが多いと感じます。

また、リモートワーク導入を機に、社内をフリーアドレス制にしました。これにより、出社してきたメンバー同士のコミュニケーションが変化しました。それまでは固定席で、質問があったら同じ島の先輩に聞く、というのが当たり前でした。今は席がシャッフルされているので、チームを越えて質問しあう人が増えましたね。多くのメンバーのPCがデスクトップからノート型になったこともあり、社内のコミュニケーションがとても流動的になったように思います。ランチも、以前は自席で食べる人が多かったですが、ノートPCを持ってフリースペースに行くメンバーが増え、そこでまたコミュニケーションが生まれたりと、良い効果が見られます。

もう一つ大切にしていることが、ペーパーレス化です。SDGsの観点もあり、ペーパーレスやドライブ管理を促し、無駄な書類を削減しています。その分、オフィスに生まれたスペースを活用し、使いやすいワークプレイスになるよう努めています。結果的にリモートワークやフリーアドレスの促進にも繋がっており、働きやすさに寄与しています。

渋谷支社はリモートワークが進んだためオフィスを縮小しましたが、別の支社はオフラインで働くメンバーが増えており、オフィスはむしろ拡張しています。オフィスに求められるものは柔軟に変化するのだと実感しています。今後も、その時々のニーズに合わせて、働く環境を改善していければと思います。

サービス紹介・PR等

当社は、ネジ一本から大型の設備機械、化学品や危険物まで、様々な貨物の輸送を取り扱っています。海路・空路・陸路を組み合わせた複合輸送や、付随サービスもご提供しています。
港から港までの輸送だけでなく、自動車・鉄道・航空などの各種輸送手段を組み合わせた複合輸送サービス、および付随する保管・配送・在庫管理などもご提供しています。
輸出・輸入問わず、大手輸送業者にはできない、お客様一人ひとりのニーズに合わせたサービスの提供を心がけています。
向け地・貨物を限定していないので、実績も豊富です。

── 取材へのご協力ありがとうございました!

(執筆・写真:呂 翔華)

👇ワークプレイスに関するご相談は、こちらをクリック!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

WORKPLACE MAGAZINEは、47グループの提供でお送りしています📢