WORKPLACE MAGAZINE
【オフィス紹介】株式会社スペースマーケット(神宮前)
見出し画像

【オフィス紹介】株式会社スペースマーケット(神宮前)

WORKPLACE MAGAZINE

会社概要

社名:株式会社スペースマーケット
代表者:重松 大輔
設立:2014年
事業内容:プラットフォームサービス、「スペースマーケット」・「スペースマーケットWORK」の運営、イベントプロデュース、プロモーション支援
https://spacemarket.co.jp/

オフィス概要

東京都渋谷区神宮前6-25-14
JRE神宮前メディアスクエアビル 2階 146坪

オフィス紹介

ラウンジ
展示を兼ねたソファスペース
キッチンカウンター
10名用会議室
6名用会議室
窓際の多目的スペース
執務エリア
ワークスペース
リラックススペース「芝生ゾーン」
本棚
コーポレートカラーの巨大ホワイトボード

インタビュー

オフィスのこだわりやワークプレイスの取り組みについて、株式会社スペースマーケットさんに伺いました。

── オフィスの決め手を教えて下さい!

立地の良さ人通りの多さ、そしてシェアスペース事業ができる物件というのが決め手になりました。新しいオフィスには、事務所としての機能だけでなく、ランドマークとしての機能も強く求めていました。「あそこにスペースマーケットあるよね」と言っていただけるようなビルを探していたんです。

シェアスペース事業ができる物件は、他にもいくつか選択肢があったのですが、裏路地やトラフィックが多くない場所が多くて。この物件は、すべての条件が満たされる希少なものでした。ビル自体の雰囲気やスペックにも満足しており、メンバーの感想を聞くとモチベーションアップにも繋がっているのを感じます。

── 内装のポイントを教えてください!

内装のテーマは「自由自在」です。全体的にあえて作り込み過ぎずに、多様な用途で自由自在に使える可変性を残しました。具体的には、壁の間仕切りを最低限にして本棚やインテリアなどで仕切ったり、家具を可動式のものやスタック可能なものにしたりしました。特にラウンジは、キャスター付きの家具で揃え、様々な利用シーンに対応できるようになっています。

今後も急成長を目指す中で、社員数が増えたり、働き方が変わる可能性もあります。そんな変化にも常に柔軟に対応できるオフィスづくりをしました。また、間仕切りが少ないおかげで、お互いの顔が良く見え、風通しの良い社風を体現できるようになりました。周りの人の話し声が聞こえてくるのは、オープンなオフィスならではの良さだと思います。偶然聞こえた会話に参加したり、近くにいる人からアドバイスをもらったりと、コミュニケーションの取りやすい空間です。

内装の雰囲気としては、もともと物件が持つクリアなイメージを活かし、明るくワクワクするような空間づくりを意識しました。まず、壁面や柱にはコーポレートカラーのブルーとグリーンを取り入れ、当社らしさを感じられるようにしました。特徴的なのは、執務室にある大きなグリーンのホワイトボードです。ミーティングで利用するだけでなく、新入社員の歓迎メッセージを書いたり、お知らせを書いたりなど、楽しく使われています。

── ワークプレイスや働き方について、大切にされていることを教えてください!

自由な働き方を大切にしています。リモートワークももちろん可能です。チームごとに週に1、2回の出社をしており、その他はどこで働いても自由です。フレックスタイム制も導入しています。毎日出社派のメンバーがいたり、ふらりと気分転換にオフィスに寄っていくメンバーがいたりと、オフィスに求めるものは各自バラバラな印象です。そのため、オフィスの使い方もあまりルールを設けず、個々が自律的に好きな働き方を選べるようになっています。

出社した際にメンバーが快適に利用できるよう、雰囲気の異なる執務環境を複数用意しています。集中できる執務室はもちろん、窓際のファミレス席やラウンジなど、気分によって環境を選べるようになっています。席もフリーアドレスなので、好きな席に座れます。執務室とファミレス席を行ったり来たりする方や、ラウンジにずっといる方など、人それぞれお気に入りの働き方があるようです。

また、コミュニケーションが生まれやすい雰囲気であること、社内外の人が来やすいオフィスであることを大切にしています。例えば、入り口すぐのラウンジは完全にオープンなスペースなので、社外の方もドロップインで利用できるようにしています。ラウンジでは催し物をすることもあります。執務室の中の「芝生ゾーン」にはクッションや本が置いてあって、育休中のメンバーがお子さんを連れてくることもありますよ。

それから、ラウンジのオープンキッチンにも人がよく集まります。お米や調理器具なども置いているので、ここでお昼ごはんを作るひともいます。少し多めに作って、他のメンバーにシェアしている光景も良く見かけます。誰かが料理をしていたら、だいたい何名か寄っていきますね。コロナによりリモートの比重が大きくなる中で、オフィスに来た際のコミュニケーションはとても大切です。明るくて広いキッチンつきラウンジができたことで、和やかな団らんが生まれやすくなりました。

様々な企業とのコラボレーションも考えています。ラウンジでは、静岡発のD2Cソファブランド「MANUALgraph(マニュアルグラフ)」さんとのコラボで、ソファのポップアップ展示を行っています。とても座り心地が良いソファで、社内外の方にも喜んでいただけるスポットです。今後も、このオフィスで新しい取り組みを積極的に行っていきたいです。

サービス紹介・PR等

当社は「場所のチカラで あなたにエール」をタグラインに掲げ、あらゆるスペースを貸し借りできるプラットフォーム「スペースマーケット」を運営しています。掲載スペース数は2万件以上あり、個人・法人・自治体などが所有する多様な遊休資産の活用を促進しています。
当社オフィスについては、オープン時のnoteでも詳しくお伝えしています!

── 取材へのご協力ありがとうございました!

(執筆・写真:呂 翔華)


👇ワークプレイスに関するご相談は、こちらをクリック!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

WORKPLACE MAGAZINEは、47グループの提供でお送りしています📢

ありがとうございます!note・Twitterのフォローもぜひ😊
WORKPLACE MAGAZINE
働く場所や環境など“ワークプレイス”にフォーカスを当てたビジネスメディア。 多様化するワークプレイスにまつわるインタビューや、企業・団体の取り組み、最新トレンド情報などを幅広くお届けします。