WORKPLACE MAGAZINE
【オフィス紹介】株式会社麺屋武蔵(西新宿)
見出し画像

【オフィス紹介】株式会社麺屋武蔵(西新宿)

WORKPLACE MAGAZINE

会社概要

社名: 株式会社麺屋武蔵
代表者:矢都木 二郎
設立:1996年
事業内容:ラーメン専門店
https://menya634.co.jp/

オフィス概要

東京都千代田区内神田3-8-7 
グラン・フォークス神田ビル 2階

オフィス紹介

シックな色使い
壁に飾られたポスターが印象的
机上には書籍も
1階店舗の内観

インタビュー

オフィスのこだわりやワークプレイスの取り組みについて、株式会社麺屋武蔵さんに伺いました。

── オフィスの感想を教えてください!

当社はラーメン店を複数運営しているのですが、1棟貸しの物件を賃貸し、1階をラーメン店、2階を事務所、3階をテストキッチンとして使っています。もともと事務所は別の場所にありましたが、家賃を削減したいと思い、物置として使用していた2階を改装してオフィスにしました。神田はアクセス性の高い立地なので、打ち合わせで来社いただく際や、都内各所へ足を運ぶのにも便利で、非常に満足しています。

このオフィスでは、主に来客対応を行っています。コラボ商品の展開に関する商談や、メディアの取材対応などを行っており、使用頻度は高いです。3階のテストキッチンで調理をし、試食をしながら打ち合わせすることもあります。他にも、メンバー同士でアイデア出しのミーティングを行ったり、意見を取り交わす場としても使用しています。逆に、事務作業はほとんどペーパーレス化しており、基本的にはリモートワークで対応しています。

── 内装のポイントを教えてください!

「宮本武蔵の世界観」を、店舗だけでなくオフィスでも表現しています。もともと「麺屋武蔵」は宮本武蔵からインスパイアを受けてつけた名前です。師匠のいない宮本武蔵と、麺屋シリーズの先駆けである当店がリンクします。特に、宮本武蔵をデザインに取り入れた様々なポスターの展示が印象に残るかと思います。それぞれのポスターには当店の理念、ブランドコンセプト、期間限定商品などが描かれており、来社された方に楽しんで見ていただける内容にもなっています。

── ワークプレイスについて大切にされていることを教えてください!

「働かされる」のではなく、「自ら働く」ことを大切にしています。どんな仕事でもそうだと思いますが、何かを「やらされている」状態は楽しくないと思うんです。なので、あらゆる権限を現場に持たせ、会社は現場を信じて環境面のサポートに徹することを意識しています。店舗ごとの主体性を重視しているので、味や売りも店舗によって異なるんですよ。

加えて、働き方も一辺倒にならないよう、働く時間や休み方の選択肢を多く用意しています。メンバーそれぞれ家庭の事情や価値観が異なるのに、自由の効かない働き方になってしまうと、やはり「働かされる」という意識になってしまうと思うからです。ハード面でもソフト面でも、現場が働きやすい環境であることを大切にしています。メンバーがいきいきとチャレンジを重ね、自分たちで現場を発展させられるような、そういう組織でいたいと思っています。

サービス紹介・PR等

麺屋武蔵は「革新的で上質。」をモットーに、全店舗違う味・コンセプトの店を展開する、都内にしか無いラーメン店です。

── 取材へのご協力ありがとうございました!

(執筆・写真:呂 翔華)


👇ワークプレイスに関するご相談は、こちらをクリック!

この記事が参加している募集

リモートワークの日常

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

WORKPLACE MAGAZINEは、47グループの提供でお送りしています📢

ありがとうございます!note・Twitterのフォローもぜひ😊
WORKPLACE MAGAZINE
働く場所や環境など“ワークプレイス”にフォーカスを当てたビジネスメディア。 多様化するワークプレイスにまつわるインタビューや、企業・団体の取り組み、最新トレンド情報などを幅広くお届けします。