【オフィス紹介】株式会社プレスハウス(赤坂見附)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【オフィス紹介】株式会社プレスハウス(赤坂見附)

WORKPLACE MAGAZINE

会社概要

会社名:株式会社プレスハウス
代表者:橋本 知子
設立: 1989年
事業内容:メディアプランニング、PR及び広告宣伝の代理業務、ECサイトの運営、等
https://presshouse.co.jp

オフィス概要

東京都港区元赤坂1-5-7
ラ・ベリテAKASAKA 5階 69坪

オフィス紹介

オープンな会議室
オフィス兼ショールームとして機能
ファッションブランドの新作商品がずらり
季節にあわせた装飾も

インタビュー

オフィスのこだわりやワークプレイスの取り組みについて、株式会社プレスハウスさんに伺いました。

── オフィスの決めを教えてください!

決め手は、立地とコスパです。旧オフィスと同じ港区内で探していたのですが、できれば同業種が多く集まる青山周辺が良くて。オフィスのクオリティとコスト面のバランスが良かったのが元赤坂だったので、この物件に決めました。

── オフィスの感想はいかがでしょうか?

駅に近く、ランチも選び放題なので嬉しいです。前のオフィス周辺は、どちらかというと夜に賑わうお店が多く、ランチ営業をしているところがあまりなくて。その点、赤坂見附駅周辺はランチのお店がとても多くて良いですね。お昼が楽しみになりました!

また、旧オフィスは3階建てを一棟で借りていたので、管理面での負担を感じていたんです。自分たちで修理をしなければいけない設備も多くて…。今のオフィスは、何か不具合があったらオーナーや管理会社がクイックに動いてくれるので助かります。

── 内装のポイントを教えてください!

ショールームを兼ねているので、できるだけ「事務所感」を排除しました。まず床は、タイルカーペットからウッド調に変えました。それに合わせてブラインドもブラウンにしています。ライトも、蛍光灯だけではなくスポットライトを追加し、イベントスペースらしくしました。展示商品の雰囲気に合わせて、ラグジュアリーな感じとライトな感じの2パターンに空間を分けています。場合によっては芝生風のマットを敷くなど、臨機応変に内装を変えています。

事務所スペースはフリーアドレスです。会議室もそうですが、間仕切りは極力せず、オープンな雰囲気にしています!

── ワークプレイスの取り組みについて教えてください!

メディアプランニングや広告宣伝の業務を行うにあたって、コミュニケーションは本当に大切です。そのため、人と人が顔を合わせる機会が減ったコロナ禍でも、人が出入りしやすいスペースにしたいと思っています。

ショールームを兼ねているからというのもありますが、やはりリアルな場に人が集まることによって得られる「生の情報」はとても大事だと思います。会議室やエントランスをオープンにしているのも、人が立ち寄りやすいように、という狙いがあります。社員も基本的に出社が多いですね。情報の発信基地として、とにかく情報が集まる環境をつくっていきたいと思っています。

サービス紹介・PR等

当社は、メディアプランニング、広告宣伝の代理業務、ECサイトの運営などを行っています。
FacebookでサービスにまつわるNEWSを発信しています!
https://www.facebook.com/presshouseJPN/

── 取材へのご協力ありがとうございました!

(執筆・写真:呂 翔華)


👇ワークプレイスに関するご相談は、こちらをクリック!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

WORKPLACE MAGAZINEは、47グループの提供でお送りしています📢

ありがとうございます!note・Twitterのフォローもぜひ😊
WORKPLACE MAGAZINE
働く場所や環境など“ワークプレイス”にフォーカスを当てたビジネスメディア。 多様化するワークプレイスにまつわるインタビューや、企業・団体の取り組み、最新トレンド情報などを幅広くお届けします。