【オフィス紹介】MCS株式会社(日本橋)
見出し画像

【オフィス紹介】MCS株式会社(日本橋)

WORKPLACE MAGAZINE

会社概要

社名:MCS株式会社
代表者:関 浩司
設立:2000年
事業内容:システム開発、グラフィックデザイン事業、PC周辺機器輸入輸出、リサイクルPC事業、ユーザーサポート事業、営業コンサル事業
https://m-cs.co.jp/

オフィス概要

東京都中央区日本橋1-18-14
クローバー日本橋ビル 6階 29坪

オフィス紹介

4名用会議室
執務スペース
窓際のスタンディングデスク
代表の関さま

インタビュー

オフィスのこだわりやワークプレイスの取り組みについて、MCS株式会社さんに伺いました。

── オフィスの決め手を教えてください!

立地、印象、金額、タイミングが合ったことが決め手になりました。

立地に関しては、ネームバリューのある住所を重要視し、赤坂や日本橋、銀座などで物件探しをしました。その方が採用の面でプラスになると思ったからです。実際、日本橋にオフィスを構えてから、良い採用ができていると感じます。駅からも近いですし、素敵な場所にオフィスを構えることができて嬉しいです。

ビルの印象も大事なポイントでした。当社のイメージもアップしましたし、働くメンバーのモチベーションも上がったと思います。「日本橋で働いている」ことに、価値を感じてもらえていたら嬉しいです。また、来客時の印象付けにもなっています。外部の方から「きれいなオフィスですね」とコメントをいただくことが多いです。

オフィスの立地や印象が良くなることは、目に見える「会社の成長」だと思っています。数字以外で業績アップを感じられる大事な指標なので、今後も会社の成長に合わせて良いオフィスを選んでいきたいと思っています。頑張ったら良いオフィスに移転できる、という夢を持ち続けていたいですね。

── ワークプレイスや働き方について、大切にされていることを教えてください!

リモートワークを取り入れ、オフィスや自宅で自由に勤務してもらっています。出社に関するルールは、特に設けていません。セルフマネジメントができる人であれば、働く場所を縛る必要は無いと思っています。一方で、せっかくオフィスに来てもらうのであれば、家にはない作業環境を提供すべきだとも思います。当社では全席に47インチ以上の4Kモニターを設置しており、オフィスに来ると作業効率が上がるようにしています。メンバーからも好評で、自宅での業務とのメリハリづくりになっています。

それから、オフィスに出社した際のコミュニケーションについても意識しています。特に新卒入社のメンバーは、仕事を通じたコミュニケーションに慣れていないので、既存メンバーから積極的に働きかけるよう心がけています。役職が上がったり、マネジメントポジションに就くと、高いコミュニケーション力が求められるので、入社時からたくさん会話できる機会をつくっていきたいですね。

一人でもある程度の仕事はできますが、大きい仕事はチームを組まないとできません。そこで必要になるのは、信頼と尊敬です。これらは、人と人との関わりの中で育つものだと思います。力を合わせるスキルや、チームの中で学ぶ経験は、リモートワークだけでは得難いもの。だからこそ、オフィスが必要不可欠なのだと思います。今後も、リモートワークとオフィスワークを上手く使い分けながら、みんなにとって良い働き方を模索していきたいです。

サービス紹介・PR等

当社はSDGsやサスティナブルを考えている企業さまを応援しております。社会にとって重要なCO2削減は、新製品のPCではなく「リファービッシュPC」から始めましょう。購入金額は新製品の約半額のコストダウンになる上に、1台につきポプラの木2本分(約80kgのCO2削減)を守れます。お気軽にご相談ください。

── 取材へのご協力ありがとうございました!

(執筆・写真:呂 翔華)


👇ワークプレイスに関するご相談は、こちらをクリック!

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

WORKPLACE MAGAZINEは、47グループの提供でお送りしています📢

ありがとうございます!note・Twitterのフォローもぜひ😊
WORKPLACE MAGAZINE
働く場所や環境など“ワークプレイス”にフォーカスを当てたビジネスメディア。 多様化するワークプレイスにまつわるインタビューや、企業・団体の取り組み、最新トレンド情報などを幅広くお届けします。